冷え取り健康法とは

冷え取り健康法とは

冷え取り健康法とは

冷え取りという言葉を聞いた事がありませんか?最近密かに話題になっているみたいなのです。私も冷え症で悩んでいたので、ちょっと調べてみました。冷えって、実は冷え症の事ではなくて、上半身と下半身の温度差が激しい状態の事をいうらしいです。冷え取りをする事によって、全身の血行や気の流れを良くする事ができます。そうすると自然治癒力も高くなり、病気になりにくくなる!という健康法なのです。具体的な冷え取り方法として有名なのが、靴下の重ね履きです。始めに絹の五本指靴下を履き、次に棉の五本指、次は絹の普通の形のもの、次は棉のもの。といった風に、絹と棉を順に重ねていきます。最低でも5枚は重ねた方が良いと言われています。靴下を重ね履きする事によって、足元が暖められて血行が良くなります。足裏には、内臓のツボも多く毒素がどんどん出ていくのです。更に絹は毒素の吸収が良いとされているので、一番始めに履くのがおすすめですよ。冷え取りの基本は、頭を涼しくし、足元を温かくする事です。人は足元が温かいと、上半身はあまり寒さを感じないのです。その為、なるべく下半身は温かい服装を心がけましょう。手軽に出来る、冷え取り健康法続けてみたいと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ